【在宅勤務】仕事とプライベートのオンオフを切り替えるコツ6選【即実践OK!】

オンオフ
  • URLをコピーしました!

こんにちは、わくほこ(@wakuhoko)です。

在宅勤務をしていると、オンオフの切り替えが難しいと感じることはありませんか?
なかなか仕事に集中できなかったり、逆に仕事をしすぎてしまったり。

在宅勤務は自由な反面、

仕事とプライベートのバランスが難しいよね。

今回は在宅勤務歴2年の私が、オンオフを切り替えるために実践した方法を6つご紹介します!

こんな方に読んでほしい

・在宅勤務のオンオフを上手く切り替えたい

・自宅でも仕事に集中したい

・休みの日は仕事のことは考えず、しっかり休みたい!

目次

在宅勤務はオンオフの切り替えが難しい

在宅勤務には出社しなくて良い・時間に余裕があるなどのメリットがあります。
一方でプライベートとの切り替えが難しいというデメリットがあります。

PRTIMESの記事では、半数の人が「テレワークで仕事とプライベートの切り替えに悩んでいる」と紹介されています。

男性の約6割、女性の約5割がオンオフの切り替えに悩んでいることが明らかに。
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000069473.html

オンオフの切り替えが難しい理由に、以下の2つが挙げられます。

・仕事モードに切り替えられない

・モチベーション管理の難しさ

仕事モードに切り替えられない

悩み

自宅で仕事をしていると、すぐに仕事モードになるのは難しいですよね。
自宅は「仕事だけをする場」ではないからです。

オフィスには、「仕事に集中する環境」が整備されています。
人目もあり、出社するだけで自然と仕事モードになります。

生活の場でもある自宅に、仕事に集中する環境を用意するのは難しいかもしれません。

モチベーション管理の難しさ

自宅で仕事をしていると、モチベーション管理が難しいことがあります。

仕事で行き詰まった時に気軽に相談しにくい・コミュニケーションが取れずストレスが溜まる、などンラインでのやり取りによってモチベーションが下がる方もいるかもしれません。

また、自己管理も難しいです。
ちょっとコーヒーを入れて一息つくつもりが、いつの間にか30分経ってたり。(え?)
ちょっとスマホを見るだけのつもりが、気づいたら30分タイムスリップしてたり。(ん?)

あ、これは私の話じゃないですよ。
あくまで一般論です。

とにかくモチベーションを維持して仕事をするのが難しい時があります。

在宅勤務でオンオフを切り替えるコツ6選

仕事とプライベートの切り替えはリモートワークの大きな悩みですよね…
私が試して効果があった「オンオフの切り替え法」を6つご紹介します!

・服を着替える

・仕事スイッチを作る

・時間を区切る

・PCを切り替える

・対応しない時間を決める

・お風呂に入る

1つずつ紹介するね!

服を着替える

apparel

服装の力は馬鹿にできません。
服装次第で気分が大きく変わるからです。

在宅勤務をしていると、ついパジャマのまま勤務してしまう…なんてことはありませんか?
在宅勤務が始まったばかりの頃、オンライン会議で「上だけスーツ、下はパジャマ」がネタにされたこともありましたよね。

実は私も1日パジャマで仕事をしたことがあります…笑
その日はイマイチ仕事に身が入らず、シャキッとした気分になれませんでした。

仕事用の服に着替えると気持ちが切り替えられるので、おすすめです。
逆にパジャマはゆったりした作りのため、仕事の後に服を着替えることでオフモードにもなれます。

メイクも気持ちが切り替わっておすすめです。
オンライン会議がない日に、いつもより少し華やかなメイクをして気分を上げるのも楽しいですよ♩

仕事スイッチを作る

「これをしたら仕事に入る」というスイッチを作るのもおすすめです。
私の場合、「仕事の10分前に好きな飲み物を飲む」が仕事スイッチです。

出社前のコーヒーみたいなものですね。
他にも仕事前にはストレッチをする・仕事前に決まった曲をかけるなど、特定の動作を決めておくとスムーズに仕事モードに入れます。

時間を区切る

どうしても仕事に集中できない時は、「集中モード」を作ります。
タイマーをセットし、「この時間だけは何が何でも集中する!」と決めて仕事をします。

時間を区切ると意外と集中できておすすめです。
細切れに集中モードを作り、合間で3〜5分席を立ってストレッチをしています。

あわせて読みたい
【在宅勤務2年の私が実践!】おすすめの運動不足解消法3選 こんにちは、わくほこ(@wakuhoko)です。 私は2020年の3月から在宅勤務(リモートワーク)をしています。 あれから2年が経ち、現在は完全在宅勤務(フルリモートワーク)...

Chromeのユーザー切り替え機能を使う

仕事でGoogleアカウントを使っている方におすすめの方法です。
GoogleではアカウントごとにChromeのウィンドウを切り替えることができます。

私は仕事が終わった後は仕事用のウィンドウは消して、プライベートのアカウントだけ開くようにしています。

切り替え方は簡単です。

1.  Chromeの右上のアカウントのアイコンをクリックします。

Chrome

2. その後、切り替えたいアカウントのアイコンをクリックすれば、ウィンドウを切り替えられます。

Chrome

これで、プライベートでパソコンを触っている時に仕事の情報が入らずにすみます。

対応しない時間を決める

仕事の対応をしない時間を決めています。
オンラインで仕事をしていると、お休みの日や夜でも「とりあえずメッセージだけ送っとこう」という方が結構います。

私はメッセージが来ると無視できないタイプで、急ぎでないと知りつつも気になってしまうんですよね…
とはいえ、夜も対応しているとゆっくり休めません。

そこで、対応しない時間を決めました!
私の場合は以下のルールにしています。

・平日は夜20時30分〜朝9時までSlack、LINE、仕事用のGoogleは見ない・対応しない

・休日は対応しない

最近は朝活にチャレンジしているので、さっさと寝るようにしています。
「返事はすぐに返さないと!」と思っていましたが、上記の対応でも意外と大丈夫だと気づきました。

お風呂に入る

お風呂

仕事終わりにゆっくりお風呂に入っています。
身体も温まってリラックスできます。

オフモードに切り替えるには、お風呂に入るのが1番かもしれません。
夏はシャワーで済ませがちですが、なるべくお風呂に入る習慣をつけたいです。

終わりに

在宅勤務のオンオフの切り替え方についてご紹介しました。

・服を着替える

・仕事スイッチを作る

・時間を区切る

・PCを切り替える

・対応しない時間を決める

・お風呂に入る

在宅勤務でオンオフを上手く切り替えるヒントになれば幸いです!
ではでは〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる