NFTとは?仕組みや始め方を初心者向けに徹底解説!

NFTとは?仕組みや始め方を初心者向けに徹底解説!
  • URLをコピーしました!
悩んでいる人

NFTって結局何なの?
怪しくない?

上記のようなお悩みを解決します。

NFTとは
  • NFTとは「代替不可能なトークン」という意味を持つ
  • 固有のIDや情報を持たせることで唯一無二であることを証明できる

メルカリや楽天グループなど大手企業もNFT事業へ参入しています。

本記事では、今後も大きな期待が高まるNFTの特徴や始め方を詳しく解説します。

目次

NFTの特徴は?どんな仕組みなの?

NFT

NFTにはどのような特徴があり、どんな仕組みなのでしょうか?

詳しく解説します。

NFTとは?

NFT=Non-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)

ファンジブル=代替可能という意味があり、ノン・ファンジブルは「代替不可能」という意味になります。

NFTの場合のトークンはざっくり「世界で唯一無二のデジタル資産(のかたまり)」という理解でOKです。

NFTにはブロックチェーンという技術を使って「改ざんが難しい唯一無二の固有のデータ」が記録されています。

代替不可能な世界で唯一無二のデジタル資産…?
一体どういう意味??

これだけだとわかりにくいですよね。

代替可能な資産と代替不可能な資産、それぞれどういうものか見てみましょう!

例えば、AちゃんとBちゃんがそれぞれ100円を持っていたとします。

お互いが持っている100円を交換しても100円の価値は変わりませんよね?

2人が持っているお金はどちらも同じ100円の価値があります。

これが「代替可能」な資産です。

代替可能な資産

それでは同じ1,000円のTシャツでも以下の2つは同じ価値でしょうか?

  • お店で売られているTシャツ
  • 有名人のサイン入りTシャツ

違いますよね。

有名人のサイン入りTシャツは世界にたった1つしかないTシャツ=代替不可能です。

代替不可能な資産

同じように、この世に1つだけのデジタルデータであるNFTにも、そのものだけが持つ固有の価値が生まれます。

この世に1つだけなので、有名人のTシャツと同じように代わりはありません。

この世に1つだけの価値を持つデジタルデータ=NFT

というわけです。

NFTの特徴は?

NFTの特徴は?

NFTの主な特徴は以下の5つです。

NFTの特徴
  1. 唯一性
  2. 取引可能性
  3. 規格化
  4. 相互運用性
  5. プログラマビリティ

引用元:NFTの動向整理 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

唯一性

NFTにはブロックチェーンの技術を使って固有のIDが付与されています。

これにより、

  • 本物であることを担保する
  • 取引履歴を追跡
  • 偽造・改ざんを難しくする

といったことが可能です。

NFTは取引履歴を追跡できるので、

  • 誰が所有している(いた)のか
  • 誰が発行したのか

を確認することもできます。

例えば珍しいNFTアートを買った場合、その希少性の高さが証明できるということですね!

取引可能性

NFTはプラットフォームを超えてオープンに取引ができます

今まではあるアプリで買ったアイテムは、そのアプリ内でしか使えませんでした。

しかし、NFTはブロックチェーンにデータが属しているため、

  • 特定のアプリに限定されず、オープンな市場で取引ができる
  • あらゆる世界に自分が購入したデータを持っていける

という特徴があります。

例えばユニクロでTシャツを買った場合、当然ですがそのTシャツはユニクロ以外の場所にも着ていけますよね?

同じようにNFTによってアプリに限定されないデジタルデータの持ち運びが可能になったのです。

また、NFTは誰でも自由に発行できます。

今この記事を読んでいるあなたや私もNFTを発行可能です。

NFTを取引できる「マーケットプレイス」を利用すれば、特別な知識や資格がなくてもNFTのを売買できるのです。

ブロックチェーンを使って取引履歴を確認できます。

規格化

NFTは標準化された規格があります。

  • ERC721
  • ERC1155

などです。

規格に応じて作成できるNFTの種類が変わり、それぞれにメリットや制約があります。

規格化することで別のサービス間で互換性を持たせることができます。

相互運用性

規格化されたNFTであれば、マーケットプレイスやウォレットが違っていても利用や取引ができるようになります。

プログラマビリティ

NFTでは、プログラムを用いて付加機能をつけられます。

例えば「転売額の一部を制作者に還元する仕組みを作れる」などです。

転売=悪いこと

というイメージがありませんか?

転売の大きな問題点の1つは、作者に利益が入らないことです。

今までは何度転売されても、コンテンツの作者には作品が売れた1度きりしか利益が入りませんでした。

転売額の一部を制作者に還元する仕組みを作れる

NFTでは、転売(二次流通)の時に販売額の一部を作者に還元する仕組みを作ることが可能です。

転売額の一部を制作者に還元する仕組みを作れる

コンテンツを購入した人は作者を応援することができ、作者は長期的に利益を得られます。

NFTで取引されるのはどんなもの?

NFTといえばデジタルアートを思い浮かべる人も多いでしょう。

小学生の描いたNFTアートが240万円で売買されたことが話題になりました。

デジタルアート以外でも、NFTはあらゆるジャンルで売買されています。

  • ゲーム
  • スポーツ
  • メタバース

などなど…

今後もNFTで売買されるコンテンツは増えていくでしょう。

NFTを売買するにはどうすれば良いの?

NFTを売買するにはどうすれば良いの?

NFTを取引できるマーケットプレイスを使う

NFTの取引をするには、マーケットプレイスを使います。

マーケットプレイスとは、NFTの取引ができるプラットフォームのことです。

マーケットプレイスは世界中に数多くありますが、ここでは一例をご紹介します。

有名マーケットプレイス
  • Coincheck NFT(β版)
  • OpenSea
  • Rarible

Coincheck NFT(β版)

coincheck-NFT
画像引用元:Coincheck NFT(β版)

Coincheck NFT(β版)は、暗号通貨取引所「Coincheck」が運営するマーケットプレイスです。

Coincheckと一体化しているため、Coincheckで所有している暗号資産を使ってNFTの売買ができます。

取引時にガス代と呼ばれる手数料が発生しないのもポイントです。

こんな人におすすめ
  • これからNFTを始める人
  • 操作性が高いサービスを使いたい人
  • 手数料を気にせず取引したい人

OpenSea

OpenSeaは、世界最大級のマーケットプレイスです。

  • アート
  • 音楽
  • トレーディングカード

など様々なジャンルを取り扱っており、多様性のあるサービスとなっています。

こんな人におすすめ
  • これからNFTを始める人
  • 色々なジャンルのNFTを取引したい人
  • 世界最大級のマーケットプレイスでNFTの取引をしてみたい人

Rarible

Raribleでは、アート系のNFTを多く取り扱っています。

数多くのデジタルアート作品が出品されており、比較的少ない予算で取引できるのが特徴です。

最初はアート専門として開始したマーケットプレイスですが、現在はゲームのアイテムなども取り扱っています。

ロイヤリティを設定して、転売時に作者に利益の一部を還元することもできます。

こんな人におすすめ
  • デジタルアートに興味がある人
  • NFTの購入を通じて作者を応援したい人

NFTを購入する方法は?

NFTを購入する方法は?

ここでは、Coincheck NFT(β版)でNFTを購入する方法をご紹介します。

NFTの購入手順
  1. Coincheckで口座開設をする
  2. ウォレットを作成する
  3. ウォレットに入金する
  4. NFTマーケットに会員登録・ログインする
  5. 欲しいNFTを購入する

NFTの取引をするには、「ウォレット」というNFTを管理する仕組みを利用します。

ウォレットに入金して初めてNFTの購入ができるようになります。

終わりに

今回はNFTについてご紹介しました。

  • NFTは代替不可能なトークン
  • 誰でも購入・売却・転売ができる
  • NFTの取引にはマーケットプレイスを利用する

特別な知識がなくても購入できるNFT。

今後も様々な分野で活用されることが予想されます。

今のうちにしっかり特徴を理解しておくと参入もグッと楽になるはずです。

ではでは〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次